iPhone

iphone13を待つべきか?iphone12と比べて何が変わるの?

2021年秋に発売が予想される新型iPhone13。

「秋までiPhone13待つべき?」「iPhone12買った方がいいのかな?」そんな疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか?

iPhone13はiPhone12の機能と比べて何が変わりそうなのかで判断しましょう。

具体的に言えば

iPhone12⇒iPhone13で変わるところは・・。

ディスプレイ内蔵型Touch ID

画面の表示性能

カメラ性能の向上

最大8倍の高速のチップ

完全ワイヤレス充電

でもでも2020年10月に発売されたiPhone12の機能もすごいんですよね。

私もいつも新しいバージョンに変わるタイミングに迷うタイプで、時には待ってみて、時には待たずに早々に買ってみたりしていました。

そこで今回はじっくりiphone13を待つべきか?iphone12と比べて何が変わるの?を調べてみました。

iPhone13の発売情報も最新情報はこちらも

随時みてみてくださいね。

Apple Store公式サイト

ドコモ公式サイト

au公式サイト

ソフトバンク公式サイト

iphone13を待つべき?iphone12と比べてみると・・。

Apple社自慢のiPhoneはバージョンが変わるたびに新機能も充実していています。

iphone13を待つべきかどうかは、新しい新機能を確認してから自分にとってはどうかを判断するのがいいかなと思います。

とはいえ・・まだ正式にApple社から公表されている訳ではありません。あくまでもApple社のことiPhoneについて詳しい方からのリーク情報から推測していますので、現段階ではその噂をもとに1つ1つ検討してみたいと思います。

ディスプレイ内蔵型Touch IDの搭載

iPhone12⇒iPhone13で比べてみると・・。

ディスプレイ内蔵型Touch IDの搭載

画面の表示性能がアップ

カメラ性能の向上

iPhone 12より最大8倍高速のチップ

完全ワイヤレス充電対応

iphone12には指紋認証がありません。

iphone13では指紋認証機能が追加されるのかという情報が流れています。

iphoneの指紋認証というのはiPhone 5s以降のiPhoneに搭載されていました。

指紋認証機能に対してiPhoneX以降現れたのが、Face IDの顔認証機能です。

iPhoneX、iphone11、iphone12とFace IDの顔認証が主流になりました。これはこれで便利なんですが、以前のような指紋認証を求めるユーザーの声も多く、iphone13ではTouch IDの指紋認証機能が復活するのではないかという噂が広がっています。

画面の表示性能がアップ

iPhone12⇒iPhone13で比べてみると・・。

ディスプレイ内蔵型Touch ID

画面の表示性能

カメラ性能の向上

最大8倍の高速のチップ

完全ワイヤレス充電

iPhone 13シリーズではノッチ部分の面積を減らし、画面の表示部分の性能があがるという噂が出ています。

そのディスプレイなのですが、高リフレッシュレート化(120Hz)が整うようです。

 

ちなみに・・

「リフレッシュレート」だとうのは、1秒間に何回画面を書き換えるのかを示すスペックのことで、一般的なノートPCの多くは60Hz(1秒間に60回)となっています。

その倍の120Hz(1秒間に120回)ということなのでどれだけ画面が書き換えられるかお分かりですよね(^^♪。

 

1秒間により細かく画面を書き換えれば、動きのあるシーンでより滑らかな描画を得られるようになるので、ゲームや動画などでこれまでと違ったクオリティを実感できるはずです。

 

カメラ性能の向上

iPhone12⇒iPhone13で比べてみると・・。

ディスプレイ内蔵型Touch ID

画面の表示性能

カメラ性能の向上

最大8倍の高速のチップ

完全ワイヤレス充電

iPhone 13シリーズのカメラは全モデルが「iPhone 12 Pro Max」と同じカメラセンサーを搭載するとの噂があります。

iPhone 12 Pro Maxは87%も明るく撮影できる大型の1.7μmセンサーが搭載。さらにセンサー自体が動いて手ブレを相殺するといった光学手ブレ補正もあります。

スマホでカメラ機能をよく使い、さらに良い性能の良いカメラが欲しい!という方にはiPhone 13シーズを待った方がいいのかもしれません。

 

iPhone 12より最大8倍高速のチップ

iPhone12⇒iPhone13で比べてみると・・。

ディスプレイ内蔵型Touch ID

画面の表示性能

カメラ性能の向上

最大8倍の高速のチップ

完全ワイヤレス充電

チップはiPhone 12はA14 Bionicを搭載されています。

iPhone 11ではA13 Bionicを搭載していたのですが、iPhone 12ではかなり処理速度が高速になったと話題になりました。

しかし~。

iPhone 13は、そのA14 Bionicよりもさらに処理速度が高速のA15 Bionicチップが搭載されるという噂です

単純にA14 BionicはA15 Bionicチップの最大8倍の処理速度になるようです。

 

完全ワイヤレス充電対応

iPhone12⇒iPhone13で比べてみると・・。

ディスプレイ内蔵型Touch ID

画面の表示性能

カメラ性能の向上

最大8倍の高速のチップ

完全ワイヤレス充電

iPhoneの独自に開発した充電ポート“Lightningポート”。

近年はUSB-Cポートを搭載しているスマホが増えてきており、規格の統一化が進んでいます。EUではUSB-Cポートへの統一化が法案で可決され、今後はiPhoneも独自開発した充電ポートを搭載できなくなってきます。

そんな関係でiPhone 13シリーズはLightningポートを廃止し、完全ワイヤレス充電に対応する噂があります。

 

ワイヤレス充電機能が欲しい!という方にはiPhone 13シーズを待った方がいいのかもしれませんね。・・ただワイヤレスは発熱による充電効率も悪いことから場合によっては来年以降に実施するという可能性もあります。

iphone13を待つた方がいいと思う人

これまでiphone13を待つべきかどうかは考える材料に5つの主な新機能を紹介させてもらいましたが、それでもまだ悩みますよね。

なので新機能面でもう少し突っ込んで検討したいと思います。

指紋認証を使いたい人

指紋認証の機種をご希望であればiphone13を待った方がいいかもしれません。

このFace ID認証は高いセキュリティを備えつつ、メガネや化粧程度の変化くらいであれば間違えることなく同一人物だと認識できる最高技術です。

しかしマスクで鼻と口を覆った状態ではなかなか認識されないというデメリットもあります。最近ではコロナ禍の中でマスクが日常となった中、マスク装着のままでは認証されず、わざわざパスコードで解除するケースも少なくありません。

一度や二度パスコードを打ち込むくらいであれば手間も気にならないかもしれませんが、それが1日何度も何度も打つことになれば、やはり不便だなと感じるのではないでしょうか?

ツイッターではこんな声も上がっていました。

*新型コロナウイルスに花粉症。マスクが常態化して、iPhoneの顔認証Face ID)が無用の長物化した。指紋認証に戻して欲しい。

いま日本中のiPhoneユーザーが「Face IDじゃなく指紋認証が便利だった!」思っているのだろうな。 マスク的に。

マスク必着の世の中になるface IDよりも指紋認証の方が100倍使いやすいな‥。

 

ゲームや動画を結構利用する人

スマホでよりゲームを楽しみたいならiphone13を待った方がいいかもしれません。

スマホでライトゲームであればこれまでのiPhoneでも気にならないかもしれません。

でも120hz高リフレッシュレートではゲームや動画など明らかにクオリティが違います。特にレースゲームやFPSゲームなどの画面の動きが激しいゲームは、「敵をハッキリと目で追える」「目が疲れない」など多くのメリットがあります。

 

ですが、逆に言えば今の段階であればゲームを楽しみたい以外に高リフレッシュレートはそれほど必要を感じないかもしれません。高リフレッシュレートの代償として消費電力にも影響しますので、今のスマホでのゲームや動画にストレスを感じていないのであれば、必ずしもiPhone13を待たなくてもいいのかもしれませんね。

ツイッターではこんな声も上がっていました。

*iPhone120hz!? ゲームヌルヌルになるやん。 小型携帯ゲーム機??

iPhone120Hzだと嬉しいゲームってなんだろう??個人的にはiPhone120Hzのディスプレイは全く不要だ。 ゲームなんかしないし、使えないなら、バッテリ食うだけ。

別に120Hz駆動しなくても良くないか? ゲーム機じゃないんだし。

 

5Gを最新機種で試したい人

5Gを最新機種で試したいならiphone13を待った方がいいかもしれません。

そもそも5GはiPhone12で初搭載され、かなり5Gが注目されましたが、実際5Gが広まり全国で快適に利用できるようになるのはまだまだ先の話で環境が追い付いてませんでした。

5Gには電波の周波数帯が比較的低いため繋がりやすいSub6と、高い周波数帯でさらに高速なミリ波の2種類があります。

ちなみに日本ではSub6に対応したスポットが多く、ミリ波に対応したスポットはまだ少ないようです。

2021年3月現在、ドコモ、au、ソフトバンクと各キャリアはこれまでの4Gの基地局を5Gに転用する等、時間をかけてエリアを拡充しています。2021年中にも多くのエリアが拡充されます。

5Gに期待している方はこの際だから最新機種のiPhone13の発売時期まで待つのもいいのかもしれませんね。

もっとも自身の地域の状況もしっかり確認した方がいいのかもしれません。

ツイッターではこんな声も上がっていました。

*田舎もんだからこのiPhoneが5Gになったのを見たことがない

*久々電車で遠出。 iPhoneが5Gになるのにちょっと感動。 ウチはエリア外だから5Gはめずらしい。

5G、今日何度か友人のiPhoneで使ったりしたけど100Mbpsやったし体感そんなに変わらなかった。 通信速度よりスマホの処理速度が高い方が断然良いと思う。

 

まとめ~iphone13を待つべきか?

ここまでiphone12と比べて何が変わるのかを中心にiphone13を待つべきかどうかを機能面の噂から検証してきました。

機能面では2021年秋の発売予定のiphone13を待つのもいいかもしれません。  

*Touch IDの指紋認証機能がある方がいい!

*クオリティの高い画面でゲームやったり、動画を観る

*5Gを最新機種で試してみたい。

 

iPhoneはバージョンアップのたびに新機能も充実してきました。

前回はiPhone 11からiPhone 12へのバージョンアップ!

iPhone 12シリーズはiPhone 11に比べて5G対応A14 Bionicの搭載、カメラ・動画・撮影編集機能の強化などかなり新機能も充実していました。

ですが~5G対応のiPhone 12は全国で快適に利用できるまでには至っていません。

 

このように

新機能が充実している=自身にとっても活用できて便利にはなる

・・とは必ずしもいえないのかもしれません。

 

今までの機能が進化しただけで劇的に何か大きく変わったと言う訳ではなかったのかもしれません。

新機能は見れば見るほどいいものだと感じ、欲しくなります。

 

でもその新機能が自分にとって本当に必要なのかを考えないと、またすぐに新しいバーションに変われば目移りして欲しくなってしまいますし、今の環境も含めて考えないといけませんね。

この辺りも考えてiphone13を待つべきか?それとも待たずして今のバーションを購入するかを決めていってくださいね。

iPhone13の発売情報も最新情報はこちらもチェック

Apple Store公式サイト

ドコモ公式サイト

au公式サイト

ソフトバンク公式サイト