スマホで貯める

ahamo/povo/linemo機種変更は要注意!プラン移行前にやるべきことは?

2021年スマホの料金は大手キャリアから20GBデーター容量プランを新ブランドで販売を開始しました。

ドコモからはahamo、auからはpovo、ソフトバンクからはLINEMO。

それぞれの新ブランドに機種変更を検討されている方もいるかと思います。

ですが・・

ahamo、povo、LINEMOでは機種変更ができません。

(ahamoは一部機種変更できる機種もありますが‥)

 

安い20GBプランに移行して機種変更もしよう~♪と思っている方は要注意です。

この記事では移行前にやるべきことをまとめてみました。

ahamo、povo、LINEMOの比較したい方はこちらの記事もどうぞ。

↓ ↓ ↓

ahamo/povo/linemoの比較チェック!違いは何?結局どれがおすすめ?

ahamoへの機種変更

ahamoはプラン移行した場合、2021年6月(予定)まで機種変更の手続きはできません。

つまりahamoにプラン移行してからの機種変更は原則NGということになります。

一応2021年6月からは、ahamo契約のまま、5G対応機種・4G対応機種ともに、機種変更手続きができるようになる予定ですが、機種変更のタイミングを思わず逃してしまうこともありますので要注意です。

 

ただし‥。ahamoに関しては型落ち機種3機種を「オススメ」として挙げており、「iPhone 11」「Galaxy S20 5G」「Xperia 1 II 5G」の3機種については機種変更を認められahamoのWebサイトで販売されます。

ahamoの公式サイトをみる

ahamoの移行前にやるべきことは?

2021年4月5月は最新機種も多く発売されます。各メーカーも最新機種には高スペック高性能の機種を販売するので、ドコモからahamoの格安プランに移行と共に最新機種を購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか?

この場合気を付けないといけないのは先ほどもお伝えした通り、ahamoはプラン移行すると2021年6月(予定)まで機種変更の手続きはできません。

なので、ドコモからahamoに移行する場合の順番は先に「ドコモのギガプラン」を契約して最新機種を購入して、それらの端末・SIMを受け取ってから「ahamo」へプラン移行するようにしましょう。

1:ドコモのギガプランを契約して最新機種を購入する

2:最新機種の端末・SIMを受け取る

3:ahamoへプラン変更(変更はオンラインより)

povoへの機種変更

povoはahamoのように型落ち機種の端末を販売するということはしていません。

なのでpovoにすでに契約して移行してしまうと現段階では機種変更できません。

一応、povoに移行したユーザーにはauオンラインショップでのスマホ購入もできるのですが、21年5月より受け付ける予定のようです。ただpovoが端末を販売していないので、機種を変更するには別途購入したスマホが必要となることが少々面倒ですね。

 

auオンラインショップで機種をみてみる
↓  ↓  ↓
auオンラインショップ

povoの移行前にやるべきことは?

各メーカーも最新機種には高スペック高性能の機種を販売しているので、auから格安プランのpovoに移行と共に最新機種を購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか?

この場合、気を付けないといけないのは先ほどもお伝えした通り、povoではプラン移行すると機種変更の手続きはできません。(2021年5月より手続き可能予定)

現在では機種変更ができないので、povoでは端末販売をしていない為、新しいスマホを用意しなければいけません。povo対応端末であることを確認して、利用端末からSIMカード(利用者を識別するICカード)を差し替える形で使用できるようになります。

結構手間ですね。

なので、auからpovoに移行する場合の順番は先にauより契約して最新機種を購入して、それらの端末・SIMを受け取ってから「povo」へプラン移行するようにしましょう。

1:auより契約して最新機種を購入する

2:最新機種の端末・SIMを受け取る

3:povoへプラン変更(変更はオンラインより)

 

LINEMOの機種変更

LINEMOにおいても契約して移行してしまうと現段階では機種変更できません。

そしてLINEMOも端末を販売していません。販売予定も今はないようです。

なので機種を変更するにはpovo同様、別途購入したスマホが必要となることになります。

もっともソフトバンクの店舗ショップはスマホ単体での販売を行っていますのでLINEMOと契約したままでもソフトバンクの店舗でスマホを購入することはできます。もちろんオンラインショップでも購入できます。

ソフトバンクのオンラインショップで機種をみてみる
↓  ↓  ↓
SoftBankオンラインショップ

LINEMOの移行前にやるべきことは?

ソフトバンクからLINEMOに移行して一緒に高スペック高性能の最新機種を購入しようと考えている方もいるのではないでしょうか?

この場合、気を付けないといけないのは先ほどもお伝えした通り、今はLINEMOはプラン移行すると機種変更の手続きはできません。なので新しいスマホを用意しなければいけません。LINEMO対応端末であることを確認して、利用端末からSIMカード(利用者を識別するICカード)を差し替える形で使用できるようになります。結構手間です。

なので、ソフトバンクからLINEMOに移行する場合の順番は先にソフトバンクより最新機種を購入して、それらの端末・SIMを受け取ってから「LINEMO」へプラン移行するようにしましょう。

1:ソフトバンク(店舗・オンラインショップ)で最新機種を購入する

2:最新機種の端末・SIMを受け取る

3:povoへプラン変更(変更はオンラインより)

ahamo/povo/linemo機種変更は要注意のまとめ

ahamo povo LINEMO
機種変更 不可 不可 不可
機種変更の手続き可能時期 2021年6月予定 2021年5月予定 未定
機種変更時の契約 必要 必要 不必要
販売端末 あり なし なし

2021年4月大手キャリアからの新ブランドahamo、povo、LINEMO。

新ブランドに移行と共に機種変更する場合、少し違いがありますね。

 

ahamoは端末も販売したり、LINEMOはソフトバンクの店舗で端末本体のみ購入でき、契約は必要ないこと等々・・。

 

共通して言えることは、まずは移行前に先にドコモ、au、ソフトバンクで希望機種を購入してから移行する方が良いようですね。